薬剤師 転職

薬剤師というお仕事とは?

薬剤師とは、薬を調合したり製造もしくは開発を行うための専門職で、

 

国家試験に通った人しかその職業につくことはできません。

 

一般的に薬剤師の仕事というと、病院などの処方薬局などのイメージが強いのですが、

 

薬剤師は様々な分野で活躍できる職業といわれています。

 

活躍できる分野は非常に幅広く、病院や製薬会社、薬局などにはじまり、

 

学校や公務員、保健所、自衛隊、麻薬取締などいろいろなフィールドで仕事をすることができます。

 

薬剤師はこのようにいろいろな分野で活躍することができますが、資格を取得しなければなりません。

 

また、薬剤師の国家資格を受験するためにも条件があります。

 

薬剤師の国家資格を受験するためには、大学の薬学部もしくは薬科大学での卒業をしていることか、

 

卒業見込みであることが条件となります。

 

そのため、薬剤師になるためには大学の薬学部か薬科大学に入学していることが必須条件となってきます。

 

薬剤師の国家資格の内容としては、

 

基礎薬学や衛生薬学、薬事法関連、医療薬学などの分野から問題が出題され、

 

二日間の試験を行わなければなりません。

 

薬剤師の国家資格の合格率は70パーセント前後といわれています。

 

しかし、合格率のうち、新卒で薬学部を卒業した人たちの合格率が85パーセントとなっており、

 

既卒者の合格率は40パーセント程度となっているため、早い内に試験を受けることがいいと考えれます。

 

また、現在、大学の薬学部や薬科大学は通常の4年制の大学と違い、

 

6年制の過程が通常とされています。

 

これは、より薬剤師の専門性を強めるという意味もあり、2006年度から6年制に変更されています。

 

薬剤師の就職は、少子高齢化が強まり、年配の人々が増加していることから

 

今後もより需要が高まるといわれており、薬剤師の転職のための専用の転職サイトなどもあります。